耐震診断・改修|不動産情報サイトに無いオリジナルの物件を随時公開中。朝霞・志木・和光・新座で地域密着、耐震診断の光陽にお任せ下さい。

耐震診断・改修

トップページ > 耐震診断・改修

耐震・改修工事とは

  1. 1:屋根材の軽量化

    屋根材を瓦より軽いコロニアルに取り替え、構造体への負担を軽減させることで耐震性を向上させました。

    瓦を撤去した後、野地ベニヤを貼ります
    コロニアルを葺いている様子
    完成
  2. 2:開口部への補強

    開口部(窓やドア)のある壁面は強度が弱いため、「三角火打金物」と「構造用合板」で補強することにより、風や地震による外力がかかった場合にも水平力を支持できる耐力壁としました。

    窓がある上下の壁に三角火打金物を取り付けます
    三角火打金物
    取り壊した壁を構造用合板で補強します
  3. 3:基礎と土台・柱の接合部補強

    「ホールダウン金物」を使って固定したことで、地震などの揺れによって建物を支える基礎から土台や柱が抜けにくくしました。

    柱や土台が腐食している部分を入れ替え、木材の継ぎ目を金物で連結させた後、ホールダウン金物で固定しました。
  4. 4:開口部の耐力壁化補強

    建物の隅に開口部があると壁の強度が弱いために建物全体のバランスが悪くなり、地震などでねじれによる倒壊の危険があります。この工事では建物の隅にある扉(開口部)を壊し「筋交い」と「構造用合板」で耐力壁を作り、壁の強度を増すことでバランスを整えねじれを生じにくくしました。

    扉(開口部)を取り壊します
    筋交いを設置し補強しました
    構造用合板で壁の強度を上げます

耐震診断について

あなたの家は大丈夫ですか?地震から木造住宅を守る為にしっかりとした耐震診断を受けましょう。

これまで多くの地震を経験してきた、地震大国の日本ですがそれでも尚、地震被害の際の住宅の強度が問いただされています。いつおこるかわからない物だからこそ、安心できる備えと準備が必要です。当社はそのお手伝いを致します。

こんなお宅が地震に弱い!3分耐震チェック 木造住宅の補強方法のいろは

気になる費用・補助制度

【診断対象建築物】

市内に存する昭和56年5月31日以前に建築された建物を対象(木造建物のみ、他非 木及び市以外の建物所在地は別途打ち合せ要)

【補助対象者】

住宅以外建物の所有者及びマンションにあっては、建物権利を行う団体(管理組合 等)

【耐震診断補助交付額】

耐震診断に要した費用の1/2以内、かつ5万円または10万円を限度額として支給

【耐震改修補助交付額】

耐震診断に要した費用の1/5以内、かつ20万円または40万円を限度額として支給

【耐震診断及び申請費用】

建物現状図が
ある場合 10.5万円(税込、木造以外は別途相談要)
ない場合 12.6万円(税込、木造以外は別途相談要)

手続き内容…
相談・調査・耐震診断補助申請・耐震改修見積・耐震改修工事補助申請・工事完了補助金受け取り申請等々…
また改修工事に併せたリフォーム補助金申請の代行も含みます。

当社の耐震改修事例紹介はこちらから

トピックス
住まい・暮らしのこと何でもご相談ください。

埼玉県朝霞市東弁財1丁目7番30号

お気軽にお問い合わせください0120-651-152/携帯から048-465-1151

営業時間/9:30〜18:00
定休日/毎週火曜日・水曜日

KOYO’S MESSAGE
社長ブログ
毎日更新!さいたまのことや日常のあれこれなどを綴ります。
スタッフブログ
ちょっとした地域の情報や便利なお役立ち情報などをご紹介。
スタッフ紹介
光陽で働いているスタッフをご紹介します。